舞台裏が好き(2)シアターオーブのセンターに立ってみた!



GWの話になりますが、

東急シアターオーブのバックステージツアーに参加する機会がありました。

過去にも何回か不定期に開催されているようです。

オーブは開業5周年とのこと

オープンして割とすぐ「ロミオ&ジュリエット」の

来日公演を見に行ったのが懐かしい。

まずはロビーにてオーブの歴史のお勉強から。

その後客席で劇場内の説明。

壁がブルーなのは空をイメージ

ボックス席が白いのは雲のイメージだそうです。

c0242022_23215043.jpg

客席から舞台を見る。座席が千鳥配列なのが良くわかります。

その後ステージに上がらせてもらいました。
舞台上から客席を見ると前述の空と雲のイメージ・・・に納得。



c0242022_23250715.jpg

舞台からの眺め。確かに寝てるお客さんもバッチリ見えるかも。

この後はいよいよ楽しみにしていた裏側ツアー。
壁一面が鏡張りのリハーサル室(衣裳部屋になったり食堂になったり多目的ルームだそう)や

楽屋(大部屋)の中も案内していただきました。

Starsの皆様も使用したであろうプリンシパル用の楽屋は見られませんでしたが

(ここに凄く期待していたのに141.png

ずらりと並んだいわゆる女優鏡の電球のスイッチも押させてもらいました。(わーい)

ちなみに大部屋はステージとは別フロアで、

個室はステージからすぐのところにありました。便利便利。

廊下にはこれまでの来日公演の出演者サイン入りポスターが講演順に貼られていましたよ。


奈落やステージの上の照明なども案内していただき、

最後は奈落から舞台へせり上がりも体験(!!!)、

三方礼のレクチャーを受けて

なんちゃってカーテンコールもさせてもらいました。

音楽と歓声も流してくださって、かなりその気になれました!

c0242022_21421766.jpg
幕の裏側。

c0242022_21413970.jpg

カーテンコール体験。
舞台に照明をあてていただいています。かなり眩しい!



それにしても
ひとつの作品を作り上げるために本当にたくさんの人の手がかかっているということが
改めてわかりました。
裏方さんというのは舞台の上の役者さんよりもミスが許されない仕事なのですよね。
シアターオーブさん、今回は貴重な体験をさせていただきありがとうございました!







演劇・ミュージカル ブログランキングへ


# by mita3times | 2017-05-26 23:30 | その他

Patisserie IKU

ドラマ「あなたのことはそれほど」
東出昌大さんの怪演で面白くなってきました。
今回のドラマは見るのが苦痛じゃないから良かった(笑)

5月23日放送回で、美都が買ってきたケーキの箱に
「Patisserie IKU」って書いてましたね。お遊びってことですかね。
Since 1993 が何の意味なのかわかりません・・・

ところで
ドラマのHPを見に行ったらもっと気になるものを見つけてしまいました。

山崎賢人くんも頑張ってますが神木隆之介くんの康一君がいい味出してる!
あと小松菜奈ちゃんもクールな感じが出てて素敵です。
期待して良いでしょうか。




  

# by mita3times | 2017-05-24 12:22

今日の米田さん(2)

今日の午後、体操のNHK杯男子個人総合の生中継が行われていました!

はっきり言ってすっかり忘れてた・・・

気が付いた時には半分も終わってた・・・

内村選手逆転での9連覇おめでとうございます。

ちなみに私のイチオシは加藤凌平選手です。

かっこいいです。

第2班で回っていたので残念ながらあんまり映らなくてがっかりでした。

最終成績は8位でした。

秋の世界選手権に出られるかな・・・

頑張って欲しいです。


えーと

ですが今日放送を見たかったのはそこじゃなく。

米田功さんを見るため!

今は徳洲会体操クラブの監督をしています。

徳洲会からは武田一志選手が第1班に入ったので、

ちょこちょこ画面に映り込む米田さんを楽しむのです。

ほんとは解説をやっていただけると声が聞けて嬉しいのですが、

監督なのでしょうがないです。

次に米田さんを見られる機会は全日本の種目別だと思います。

放映があればですが。

徳洲会からあん馬のスペシャリスト亀山さんが出ると思うので、

また映り込みを期待したいです。


c0242022_19384137.jpg
2015年体育の日のイベント会場にて113.png





# by mita3times | 2017-05-21 20:54 | その他

舞台裏が好き(1) 映画「メット・ガラ」

「メット・ガラ~ドレスをまとった美術館」観てきました。


もっとアナ・ウィンターさんを中心にしたドキュメンタリーかと思ったら

実はメインはMETの企画展に奔走するキュレーターのアンドリュー・ボルトンさん

(なかなかのイケメンメガネ男子)で、

アナ様のパーティーもその展覧会の関連行事なのでした。

といってもアナ・ウィンターの自宅の様子が映ったり、

普段着が見られたりで興味深かったです。

映画の原題は「The firstMonday in May」(5月の第一月曜日)で

この日はMETの定休日となり、夜には「メットガラ」が行われ、

翌日からその年のファッション部門の企画展がスタートするらしいです。

アナ・ウィンターのパーティーに出席のセレブは

一足先に展示が見られるわけですね。

それにしてもアンドリューさん、毎年こんなことをやっておられるのですね・・・

4か月間の展示のために8か月前から準備するとのことです。

初日まであと2週間なのに準備が予定より何日も遅れててマズイぞ、ってなった場面は

観ているこちらも焦りが・・・

イベントの仕切りをやったことがある人なら

「うおあああああ分かる!思い出したくないけどおおお」ってムズムズすると思うよ。

なんか見終って疲れたわ~







映画 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ




# by mita3times | 2017-05-19 23:37 | 映画

「王家の紋章」2017 その2


GWが終わって東京公演も終了しました。

東宝チャンネルにカーテンコールの映像がUPされています。





それにしても浦井君と聖子ちゃんの並びは身長差がマンガと同じ感じで良いですね~

うん、並びは良いのですが。

本編観て「メンフィスカッコいい~」とはならなかった。

何故なのか?考えてみた。

まず見た目。

ビジュアル的に浦井君以外はすごくいいのになんで主演だけイマイチなのかなー

1身長がイズミル王子に負けてる。→せめて同じであって欲しかった。

2髪型がイマイチ→毛先揃えて欲しかった。アイシスと同じヅラでいいのに。&髪が顔を覆いすぎ。

3浦井君の顎ラインがシャープじゃない。

4マント姿がもっさり見える。→もっと前を広く開ければいいのに。むしろ着なくていいし。

5衣装のスカート?長過ぎる。(アン シネさんのミニスカ丈が理想だけど舞台じゃ無理ね・・・)

6何だあのゆる白ソックスは

7そもそも浦井君はメンフィスのイメージじゃない(がんばりは認める)

何だか浦井くんにいちゃもんつけてるようですが3以外は本人のせいじゃないです。


あと、濃厚な原作を(盛大に端折りつつも)上手いことまとめたなーと思って見てたけど


メンフィス様の見せ場が無い


さらに 私の好きな場面がことごとく無い


例えばですが
キャロルがメンフィスに惹かれていくところ、結構細かいエピソードの積み重ねがあっての
めでたく両想い、なのに・・・

キャロルは初め、メンフィスのことを「怖い、横暴、暴力男」と思っていましたが、

ナフテラ→優しいところもあるのですよ、とフォロー

ウナス→命令されれば死にますよ、でも理由なくそんなこと言いません、と暴君と違うアピール

でもでも、と思っているところに、コブラの毒で(舞台では蠍になってたが)フラフラなのに
キャロルを助けに駆けつける→キャロル半落ち

と、この流れ欲しかった~

演出家さんと私とは好みが違うようだな。


歌唱力も、濱田さん、聖子ちゃん、山口さんの破壊力に比べると・・・だし。

(でも歌重視だとビジュアルが・・・となるから最大公約数持ってきたな、と思う)

ソロ曲もね・・・全然記憶ない。主演なのに良い曲もらえてない。

後付けなのにテクニック(?)でそれなりの曲を持ってきたメンケン氏(@美女と野獣)は凄い。

リーヴァイさんには「僕こそ音楽」作った時の根性見せてほしかった。期待してたのにな~

でもね・・・

キャラ的にメンフィス様は曲を作るの難しいとは思う。悩みとかないし。

葛藤もないし。

古代世界ではほぼファラオ無双状態だし。結局は相思相愛だし。

曲の作り甲斐の無いキャラだ。

メンフィス以外の方たちは、皆さんそれぞれ思うところがありますね。

ミヌーエ将軍ですら1曲できるわ。(再演ではカットされたそうですが彼はアイシスが好き設定なんですよね)

まとめると

どうにもメンフィス王がパッとしない

でした。

今日UPされたげきぴあのインタビューが面白いです↓ 大阪公演どうなるんだ(笑)





ミュージカル ブログランキングへ




# by mita3times | 2017-05-12 21:33 | ミュージカル♪ | Trackback | Comments(0)